繊細さと力強さをもったジュエリーをコンセプトに2007AWからスタート。

デザイナーがヨーロッパやアメリカで学んだアンティークの世界は強く、美しい。
それをリ・デザインし、メンズ、レディースの枠にとらわれない洗練されたジュエリーへと落とし込む。

また、レザーを中心としたウエアラインは、「時代は常に変わり続ける、しかし変わらないものがある。」の信念の下、 経年変化と共に愛着と味わいが増し、時代を超えて感じることができる本物の価値を生み出している。

妥協を許さないS.Konishiを手に取り肌で実感して頂きたい。


− Designer −

小西 理(Satoru Konishi)

長きに渡り世界中の遺跡や教会を撮る写真家としてヨーロッパを拠点に活動。 そこでヨーロッパアンティークの世界に興味を持つ。 帰国後、海外で経験したことを基にジュエリーのデザインを手掛ける。